使用済み携帯電話の処分

携帯を機種変更したので今まで使っていた携帯を処分したい時、みなさんはどうされますか?

販売店に回収してもらう方やそのまま持っている方もいらっしゃると思います。
そんな中で最近は誓わなくなった携帯を中古店に買い取ってもらう方も出てきています。

使わなくなった携帯を中古携帯として売ることに抵抗のあるかたもいらっしゃると思います。
もちろん個人情報などはきちっと処理しておかなくてはなりません。

中古携帯として売るためにはまず電話番号を抜いて、メール履歴やアドレス帳などを消してしまわないといけません。
それらを抜いた中古携帯のことを白ロムといいます(ちなみに情報がまだ入っている状態の携帯を白ロムとは反対の黒ロムといいます)。

中古携帯の販売店に買い取ってもらうためにはこの「白ロム」の状態にしておくことが条件です。
白ロムにするためには、SIMカード対応型の携帯であればそのカードを抜くことで電話番号を抜くことができます。

非対応機の場合はDOCOMOやSOFTBANKなどのショップに持っていって解約手続きをしてもらいます。
その後端末の初期化作業(メール履歴や暗証番号、アプリなど)を行えばOKです。
販売店に買い取ってもらうときには付属品や保証書があれば白ロムといっしょに提出します。

白ロムを中古携帯として買い取ってもらうときに身分証の提示をもとめられる場合もあります。
そうして買い取られた白ロムは中古携帯として販売店の棚に並ぶわけです。
最近では中古携帯といっても未使用の新古品もあったりと、人気が高まってきています。

ただちゃんとした白ロムではないもの(例えば端末代金のローンが残っているもの)を中古携帯として売りつける悪質なケースもあるので、注意が必要です。

当カテゴリの関連記事となります

※当サイト情報取り扱いの注意点

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生したとしても、当サイトと管理人は一切の責任を負えませんのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

グーグル
ブライダルネイルを選びたいとお考えの方へhttp://blog.livedoor.jp/hakobin-bridalesthe/archives/cat_555245.html

 
Copyright © 2009-2011 中古携帯白ロムの販売と買い取りガイド. All rights reserved