携帯電話売買の違法性は?

白ロム(中古携帯)の違法性について考えてみたいと思います。

まずはっきりさせておきたいことは、白ロム(中古携帯)を買うこと自体はなんら違法性のあることではありません。
電話番号の売買は法律で禁じられていますが、端末の売買に関しては法律に触れるものではありません。

もしあなたがオークションやネットショップで白ロム(中古携帯)を購入したときは、堂々とショップにもって行って契約して下さい。

それでもどうしても気になるというのであれば、白ロムを中古携帯として店頭で販売しているショップを探して、そこで違法性について確認し、もし何かあったときに返品できるのかどうかなども確認しておくといいと思います。
引き続き同じキャリアの白ロム(中古携帯)を買ったのならショップに持っていくことで機種変更の手続きをすることが可能です。

もしこれまでとは違うキャリアの白ロム(中古携帯)(例えばDOCOMOからSOFTBANKに乗り換え)を買ったのならショップで新規契約をすることができます。
ただすでに携帯本体ではなくカードで携帯番号を管理しているのであれば、カードの差し替えのみで買った白ロム(中古携帯)を使うことが可能です。

当カテゴリの関連記事となります

※当サイト情報取り扱いの注意点

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生したとしても、当サイトと管理人は一切の責任を負えませんのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

 
Copyright © 2009-2011 中古携帯白ロムの販売と買い取りガイド. All rights reserved