赤ロムについて

みなさんは赤ロムという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

中古携帯電話のある状態を表す言葉ですが、ここでは少し赤ロムについて書いてみたいと思います。

赤ロムの話をするにはまず白ロムの話をしないといけません。

白ロムとは携帯番号など登録情報を抜いて、契約する前のまっさらの状態になった携帯のことです。
SIMカードタイプの携帯であれば、SIMカードを抜いた状態の携帯電話のことです。

この白ロムは中古携帯専門のネットショップや大手パソコン販売店などで買うことができます。
普通白ロムを買ってきて、SIMカードを差し替えれば機種変更が完了するのですが、その後普通に使っているだけなのに携帯が使えなくなってしまうことがあります。
その際ディスプレイのアンテナが赤色に変わります。

このように中古携帯として白ロムを買ってきて、使用中に突然使えなくなってしまった携帯のことを「赤ロム」といいます。
これは、前使用者がその白ロムを割賦販売で買い、その後支払いが完了する前に中古携帯として白ロムにして買い取ってもらったために起こる現象です。

支払いが完了していないためキャリアから使用を強制的にストップされてしまうのです。
ただしどの携帯がちゃんとした白ロムで、どれが赤ロムになる可能性のある中古携帯なのかはわかりません。

なので白ロムを中古携帯で購入する時点で、その販売元に、赤ロムだと判明した場合に無償で交換等してくれる保証があるかどうかを確認しておくことが重要になります。
そういった意味ではオークションで白ロム(中古携帯)を買う場合はなおさら注意が必要です。

当カテゴリの関連記事となります

※当サイト情報取り扱いの注意点

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生したとしても、当サイトと管理人は一切の責任を負えませんのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

 
Copyright © 2009-2011 中古携帯白ロムの販売と買い取りガイド. All rights reserved